電動門扉のお求めは価格を抑えたシンプル設計のハシモト門扉でどうぞ

電動門扉の価格

電動門扉の価格は、選択するタイプやスペース、そして操作性によって違いがあります。設置する場所に加えて、電動門扉に使用する素材、寿命を左右する表面加工の仕様によっても違います。

価格を決める要素

電動門扉の価格は、選択するタイプやスペース、そして操作性によって違いがあります。設置する場所に加えて、電動門扉に使用する素材、寿命を左右する表面加工の仕様によっても違います。人の出入りが多く、素早い開閉を電動門戸に求めるのであれば、スムーズに動作するタイプが最適です。更には、既存の仕様にオプションで付加価値が加えられるので、価格に対する予算次第で電動門扉を選ぶ事が出来ます。広大なスペースの入り口を守り、通り道を保護する役割を持たせるのであれば、長いスペースに対応出来る製品が必要です。品質重視で製品を選ぶ時は、高い仕様の要求が行われますが、価格に応じて高品質を実現する事が出来ます。

タイプの特徴

電動門扉の特徴は、手動操作によって電動で開閉が行える事にあります。手動とは違い人力が不要なので、重たい扉も開閉が苦になりません。もう一つの特徴としては、手動で開閉するよりも早く、頻繁な出入りで労力が削減出来る点です。電動の仕組みを持っているので、その点は価格の上昇に繋がりますが、代わりに複数の利点が実現します。限られた設置スペースであれば、方開きが選べますし、ある程度の幅があれば両開きが選択可能です。更に幅広い場所の入り口に設置する場合は、2段式も選択肢に含まれるので、選べる種類の豊富さも特徴の一つです。また、レールが不要なので足場に段差はなく、工事の導入もスムーズに行えます。

価格別の電動門扉

スペースは製品選びに影響しますが、デザイン性や耐久重視の材質選びは自由に行えます。多くの門扉はシンプルで、無理なく風景に溶け込みますが、実用性重視な為に地味な事も事実です。

幅広いスペースとニーズに対応

最小の製品は5メートル未満に対応しますが、15メートルを超えるケースにも対応しています。スペースは製品選びに影響しますが、デザイン性や耐久重視の材質選びは自由に行えます。多くの門扉はシンプルで、無理なく風景に溶け込みますが、実用性重視な為に地味な事も事実です。デザイン性が大切な場所では、オプションとして塗装が行えるので、地味な印象を払拭する事が出来ます。サイズが大きくなる程、入り口を守る存在感は高まりますが、工夫次第で環境に溶け込ませる事が可能です。サイズは豊富で幅広いニーズに応えますが、付加出来る選択肢も幅広いので、目的に合わせて要求を実現する事が出来ます。

操作性重視

電動門扉の価値を決める要素は多数ありますが、操作性も製品を選ぶ条件になります。セキュリティを重視するのであれば、赤外線監視カメラの設置によって、出入り口の防犯性が向上します。操作面との両立としては、テンキーやカードで開閉が行えるオプションもあるので、許可無く無断の開閉を行われる事がなくなります。セキュリティより開閉を重視する時は、リモコン操作に対応しているので、価格を抑えながらも快適な操作が実現します。公共施設を始めとして、民間でも幅広く導入されている実績を持つ会社ですが、特定の仕様に限られていない点が優れています。既製タイプだけではなく、価格の上乗せで更に高い要求を実現出来ます。

注目の施工例

  1. 2016.3.16

    東京消防庁
         両開き電動門扉...
  2. ①門扉高 2,000×開口 6,000②仕様 溶融亜鉛メッキ処理③場所 石川県...
  3. ①門扉高 1,800×開口 10,000, 門扉高1,800×開口 3,000, 門...
ページ上部へ戻る