ノンレールだから高い品質にコストを集中した製作ができるハシモト式ノンレール門扉

ノンレール門扉の品質

ノンレール門扉の特徴は、門の開閉に必要なレールを設置しなくても良いところです。どのタイプにも手動式と電動式があり、用途によりタイプを選択できます

特徴と品質

ノンレール門扉の特徴は、門の開閉に必要なレールを設置しなくても良いところです。その構造は、ボックススライド式やマルチスライド式、台車引き戸式、支柱回転式などがあります。どのタイプにも手動式と電動式があり、用途によりタイプを選択できます。更にステンレスやスチールなど品質も選択できます。
ノンレール門扉には大きさも様々あり、家庭用のスペースが狭い場所用から公共施設や企業などに使用する大型のものなど、施設の大きさに合わせた設置も可能となっています。門扉のデザインにも対応が可能となっており、設計者様のイメージに沿った形でのデザインや品質・操作性を搭載して設置が可能です。

豊富な種類

ボックススライド式引戸の手動式は、レールが無いので設置したい箇所の路面状況に関わらず設置可能なので、大型門扉にも対応します。電動式はラック&ピニオンを採用することで、大型門扉であっても静かな開閉が可能で、更にスロースタート・ダウン機能に加え、挟まれ防止センサーなどのオプションもあり安心です。
支柱回転式の手動タイプは、支柱と扉本体が一体となって回転し、ベアリングが支柱内に組み込まれているので回転がスムーズです。電動式は扉の軌道内に障害物を確認するエリアセンサーや、車両を感知して自動的に門扉を開閉させるループコイルなど、オプションや品質も選べるようになっています。

良品質のノンレール門扉

ノンレール式の最大のメリットは、レールの敷設が必要ないため工事費の削減にもつながり、更に工期の短縮も可能です。調整機能なども搭載されているものもあり、より安全に考慮された門扉が開発されてきています。

設置のメリット

ノンレール式の最大のメリットは、レールの敷設が必要ないため工事費の削減にもつながり、更に工期の短縮も可能です。
また、路面に勾配があったり、設置スペースが無かったり、また冬場の積雪が多い地域でも設置が可能であり、場所を選びません。引き戸式門扉には、挟まり防止のためにスロースタート・スローダウン装置を搭載し、また支柱回転式門扉には戸先のレベルを簡単に調節できるように調整機能なども搭載されているものもあり、より安全に考慮された門扉が開発されてきています。
住宅や建物の外観とのマッチングも考え、依頼者様のイメージに沿うようなデザインや品質、操作性を組み込むことも可能となっています。

導入事例

ノンレール門扉の導入例としては、スペースの狭い個人宅にボックススライド式引戸、都内の大学に支柱回転式開戸、テレビ局のスペースの狭い箇所に支柱回転式コンパクト開戸、大手企業の入り口に台車式引戸など、様々な建物の敷地にノンレール式門扉が設置されています。
品質も手軽に開閉ができるアルミ素材の門扉から、部外者の侵入を許さないためスチール素材の重厚なものまで、その用途に合わせて選択が可能です。更に、どの門扉も建物との一体感も考慮されており、さりげないものから存在感を与えるものまで、そのデザインもバラエティの富んでいて建物を引き立てています。

注目の施工例

  1. 2016.3.16

    東京消防庁
         両開き電動門扉...
  2. ①門扉高 2,000×開口 6,000②仕様 溶融亜鉛メッキ処理③場所 石川県...
  3. ①門扉高 1,800×開口 10,000, 門扉高1,800×開口 3,000, 門...
ページ上部へ戻る