電動門扉の導入で安全かつ楽に開閉できます

電動門扉を利用

門扉が設置されていなければ誰でも簡単に入れてしまいますし、夜中に人が侵入してきても気付くことができません。門は防犯以外に住宅全体の印象まで変えてしまいます。

必要性について確認

既に一戸建て住宅にお住まいの方やこれから一戸建て住宅を建築するという方は、建物だけでなくエクステリアも考えなければなりません。自宅の敷地に入るための入り口部分がありますが、どの住宅でも門扉を設置する必要があるでしょう。門扉が何故必要かというと、やはり防犯が一番に挙げられます。門扉が設置されていなければ誰でも簡単に入れてしまいますし、夜中に人が侵入してきても気付くことができません。もちろん防犯のために効果的な設備も付けられないでしょう。門扉は防犯以外に住宅全体の印象まで変えてしまいます。多くの人の目に留まる場所ですから高級感のある門扉を選びましょう。

色々なタイプ

一戸建て住宅の外観を見る時、真っ先に目にするのが門扉でしょう。門扉を開けなければ敷地の中に入ることができませんから、家族だけでなく自宅を訪れて来るお客さんの目にも留まります。使用用途は同じですが、実は形状には様々なタイプがあります。一般的によく見られるのがアルミでできたタイプでしょう。また木材を使った温かみのある門扉も人気があります。他にも鉄製の物やステンレスでできた物もありますが、グレードの高さを感じさせるのが電動門扉です。電動門扉の場合は毎回手で開閉する必要がなく、電動で動いてくれるので非常に便利です。予算が合えば電動門扉を選ぶといいでしょう。

便利な電動門扉

車で出入りする度に重い門扉を手で開け閉めしていたのでは不便さを感じます。車から降りて傘を差しながら開け閉めすることになります。しかし、電動門扉を設置しておけば雨に濡れる心配もなくなります。

設置するメリットとは

自宅の敷地に駐車場スペースがあるというお宅では、幅の広い門扉を設置しているでしょう。ゆとりを持って車が出入りできる程度の横幅が必要になるので、かなり長い門扉を設置しなければなりません。防犯や台風等の条件を考慮すると、材質がしっかりしていて重みのある物を選ぶことになるでしょう。車で出入りする度に重い門扉を手で開け閉めしていたのでは不便さを感じます。特に雨が降っている日は車から降りて傘を差しながら開け閉めすることになります。しかし、電動門扉を設置しておけば車の中から操作ができるので、雨に濡れる心配もなくなります。操作性で選ぶなら断然電動門扉がおすすめです。

必要なスペース

操作性に優れた電動門扉ですが、いくつかの種類があるので設置するスペースに合った門扉を選びましょう。横に移動する引き戸タイプや観音開きになっている物、さらに跳ね上げ式もあります。観音開きの場合はかなりスペースが必要になりますが、引き戸や跳ね上げ式なら横や縦のスペースが確保できれば設置が可能です。電動門扉を設置する際は様々なオプションを付けることもできます。例えばアンテナのケーブルを長くするオプションを利用すると、リモコンを操作した時の感度が良くなります。電動式の場合は離れた場所からリモコンで操作するためアンテナが感度が大切です。

注目の施工例

  1. 2016.3.16

    東京消防庁
         両開き電動門扉...
  2. ①門扉高 2,000×開口 6,000②仕様 溶融亜鉛メッキ処理③場所 石川県...
  3. ①門扉高 1,800×開口 10,000, 門扉高1,800×開口 3,000, 門...
ページ上部へ戻る